「男が痴漢をする理由」という本が衝撃的だった件について

タイトルの本を、偶然書店で発見しましたが、

衝撃的だったので、購入&著者のイベントに参加しました。

 

「男が痴漢をする理由」の概要

 

 

「男が痴漢をする理由」の感想

性衝動のタグをつけていますが、それだけの理由というよりは、

耐えかねないストレスに対するコーピングだということ、とても納得しました。

 

※ちなみに、精神科医の神田橋先生も「精神科講義」の中で、「日常の中で感じることがなくなった人が痴漢をする」と触れていました。

 

あとは、痴漢をしたあと家族がどうなるか、捕まってもう痴漢をしなくても良いんだと安心する痴漢者の心理、そして、痴漢に生きがいを感じるようになるプロセスなど、かゆいところがことごとく言語化されています。

当事者の関係者は、必見かと思います。

 

各所で反響があり、沢山の関連記事があがっているのも注目です。

https://news.yahoo.co.jp/byline/ogawatamaka/20170919-00075941/

 

著者が登壇したイベントに参加して

http://bookandbeer.com/event/20171025_event/

男が痴漢になる理由イベント1 男が痴漢になる理由イベント2

 

イベントのレポートなどは、こちらでまとめてくれている。

https://www.facebook.com/events/521884491489674/528464850831638/?acontext=%7B%22ref%22%3A%2229%22%2C%22ref_notif_type%22%3A%22admin_plan_mall_activity%22%2C%22action_history%22%3A%22null%22%7D&notif_id=1509078042815014&notif_t=admin_plan_mall_activity

イベントの感想

印象に残ったのは、、以下のような発言

・全ての男は(人間は)、加害者である(になりうる)

・痴漢のAVは「アダルト」でなく「犯罪」のフィクションとして、そのコーナーに置くべきだ

・満員電車に日常的に乗ってると、(犯罪を許容するわけじゃないけど、)起こっても無理はないよね

 

電車の車両を完全に分ける議論は、現実的でなくそこまでおもしろくなかったが、上の話は、刺さった。

 

認知の歪み、恐ろしい。

 

本の内容についてはこちら