サインバルタ服薬期〜起きた効果・副作用とやめるまでにしたこと

サインバルタとは?

サインバルタ(一般名:デュロキセチン)は、SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)に分類される抗うつ薬です。

参考

【精神科医が解説】サインバルタの効果と副作用

サインバルタの効果

気分を上げるための効果が、期待できます。

そのため、うつ状態になった方に、よく処方されます。

・効果が出るまで、読み始めてから2週間程度かかる

・頭痛がやわらぐような効果もある

 

自分自身、それぞれあてはまりました。

個人的には、「服薬してから効果が出るまで時間がかかる」薬ははじめてだったので、ちょっとじれったい感じもありました。

 

サインバルタの副作用

私の場合は、以下の内容が顕著でした。

・排尿困難

・男性機能の低下(主治医に相談すると、副作用という点に加え、そもそもうつ状態になるとそうなる)

・吐き気

服薬期間中に、数回だけでしたが、自分にも起きました。

 

 

なぜ、通院するような状態になったか?

一言で言うと、「バーンアウトした(燃え尽きた)」というのが大きなところです。

また、6月の、梅雨になる前のあたり特有の、季節要因も、多少影響があったかもしれません。

 

なぜ、抗うつ薬に頼りたくなかった自分が服薬にいたったか?

主治医から、回復するためには、「休職」と「服薬」が重要と言葉をもらったからです。さらに、「休職は休んでみるまでどれぐらいの期間が必要かわからない」という言葉をもらいました。どうしても、休職をしたくなかった(したら今の生活に戻れる自信がない)ので、その選択肢の中なら、ということで、服薬を選んだ形です。

※主治医選びの方法なども、別途記載できればと思います。

また、なぜ「抗うつ薬に頼りたくなかった」のか?という点に関しては、抗うつ薬に関してのスティグマ(偏見)みたいなものがあったのでしょう。

 

サインバルタの服薬記録

まず、自分自身は、まだ軽度だったということなので、

20mgを、服用し続けました。(通常だと、20mg服用→40mg服用にシフトするのが一般的とのことです。)

6月8日 服薬開始(1日1回)
7月26日 2日に1回に変更
8月15日 3日に1回に変更

8月26日 サインバルタを使わず、漢方のみに

その後も定期的に通院。

 

サインバルタ服薬中の飲酒(アルコール摂取)について

これは、気になる人も多いのではないのでしょうか。

私の場合、最初の1ヶ月は一切アルコールを飲まない生活をしていました。

ただ、主治医に相談してみたところ「(ちょっと飲むぐらいなら)いいんじゃないですかね。笑」と返答が返ってきたので、自分自身も「本当に飲みたい時に飲む」という風に行動を変えることができました。適量なので、幸い「飲みすぎて悪化した」という感覚は、起きませんでした。

 

本を読むと「1年は服薬を続けた方が良い」などという言説があったりしますが、「自分自身の心身に聞きながら、主治医と相談の上、適切な期間を決める」ということの重要性を感じました。

 

サインバルタが必要なくても生活できるようにするために

以下のものたちが、役に立ちました。

・行動記録表

毎日、1時間ごとに、自分自身がした行動と、その時の気分を記録としてつけます。

・運動

おすすめされたのは、バービージャンプです。

・料理

 

また、薬をつかわなくてもよくなったからといって、「元の水準に体力が戻る」わけではないのが重要です。「体力が落ちてる中で、いかに仕事などを工夫してやるか?」が重要です。(こまめな相談や、睡眠などを最優先で確保することなど。)

また、左足のしびれと時たま感じる事に関しては、まだ対策がわかっていないため、そこは引き続き様子を見ていく形になります。(おそらく、末梢神経障害と言われるものだと推測しています。)

 

参考になった本

・心身養生のコツ

「薬とは、松葉杖のようなものである」という言葉が、とても指針になっています。

※この辺は、また補足

・会社で心を病むということ

今でもですが、しょっちゅう泣くようになったりしたのですが、そういった心のメカニズムが、わかりやすく解説されています。(感情爆発するのは、カタルシスという自分自身を守るためのもの。)

・HSP

・時間術大全

・薬に頼らない

・松崎さんの、うつの本